Top > 
波動測定 > 
BLOG一覧 > 
部分日食(2020.6.21)について
REWIN will deal with it.

部分日食(2020.6.21)について

先月6月の部分日食をご覧になった方はいらっしゃいますでしょうか?

地域によっては、よく見れたと思いますが、

ここ宇都宮では私が観測をする限り、1回だけほんの数秒間だけ見ることができました。

 

 

下記は、その時に同時に確認するために流していたYoutubeライブのスクリーンショットです。

 

 

実は、この日はとてもとても意味のある日でした。

前日20日には、「天赦日」「一粒万倍日」が重なり、

同日21日は「夏至」「新月」も兼ねていました。

そして歴史的出来事としては、

「応仁の乱」「本能寺の変」が起こっています。

そしてそして世界的イベントとしては、

「世界音楽の日」「国際ヨガの日」など、

 

エネルギー的な要素や転換期が多く含まれておりました。

そして、その約1ヶ月後。

オリンピックの開催予定だった日か来ます。

 

エネルギーの転換後は様々な出来事が起こり、

歴史そのものが変化していきます。

そして現在(7月9日)の自然災害(コロナ・洪水・土砂・地震)や経済不安。

これから何をすべきか?

 

それは、何が起こっても動じない自分を作ること。

そのためには、自分自身を識ること。

そして世の中の波動的な関係を識り、困難に巻き込まれないという

自分がどうあるべきかを識ること。となります。

 

気になる方はお問い合わせください。

 

波動測定ページに戻る
トップに戻る