Top > 
波動測定 > 
BLOG一覧 > 
自分の本心に従って生きる〜胸(心)で感じる
REWIN will deal with it.

自分の本心に従って生きる〜胸(心)で感じる

前回の「自分の本心に従って生きる〜フィーリングとは何かを知ろう」の

続きとなります。

 

 

胸(心)で感じて選択・行動をするとはどういうことか?

あくまで、頭で考えることではありません。

 

まずは次の比較をしてみてください。

 

①頭で考えて選択をした場合。

 

 

 

②胸(心)で感じて選択をした場合。

 

 

 

①は、選択の基準が、「これで成功するかも!」「ここなら安心かも!」

といった、何をしたいかという選択肢の項目自体の内容は軽視され、

「失敗したくない!」「傷つきたくない!」という

ネガティブな感情から生まれた、失敗から回避をしようという意識が働いています。

つまりは①の流れでは、

動機が「失敗したくない!」「傷つきたくない!」なのです。

何をしたい、したくないの動機は存在していないのです。

 

 

では②は何なのか?

ここには①のような、言葉であらわす表現がありません。

 

 

例えば、私は②の人かも!っと思う方は、

下記のようなことを考えてはいないでしょうか?

 

「ここなら頑張れるかも」

「これなら楽しくなれるかも」

「これなら自由になれるかも」

 

これは、全て①のケースとなります。

なぜなら頭で考えているから。

 

「ここなら頑張れるかも」

→「頑張れない自分は嫌だ!と思っている」

 

「これなら楽しくなれるかも」

→「今の方が楽しく過ごせていない!と思っている」

 

「これなら自由になれるかも」

→「私は不自由な状態だ!と思っている」

 

お分かりになりますでしょうか?

思考はネガティブな動機から生まれます。

何かが不足していたり、出来ていないと自覚するから、

生まれ変わる自分を想像し、頑張ろうとします。

しかし、それはネガティブな動機から生まれる、ストレスの選択です。

 

「苦あれば楽あり」ではないのです。

①は「苦あれば苦あり」です。

 

 

何か心に反応した方で、

今、変化を求めていたり、自分追求をしている方、

波動測定フルセッションで、明らかにしてください。

そして、胸(心)で感じるとは何かを知ってください。

お待ちしています。

 

 

波動測定ページに戻る
トップに戻る