Top > 
波動測定 > 
BLOG一覧 > 
アトピー性皮膚炎のかゆみを抑える薬の治験で効果があった様ですが。。。
REWIN will deal with it.

アトピー性皮膚炎のかゆみを抑える薬の治験で効果があった様ですが。。。

かゆみを抑える薬。

確かにアトピーなどの皮膚炎ですと非常にありがたいお話ですね。

ただ、次の記事の抜粋の中に一部疑問点があり投稿に至りました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

アトピー患者の皮膚では、免疫細胞が、かゆみを引きおこすたんぱく質を出す。このたんぱく質の働きを薬がブロックすることで、患者のかゆみを抑えるしくみだ。

 

参照:https://www.asahi.com/articles/ASN786253N77PLBJ002.html

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

上記の、マーカーの部分。

免疫細胞は、何故かゆみを引き起こすたんぱく質を、かゆみが出るまで出し続けてしまうのか?

 

波動測定では、

これが何故なのかが理解できていないと根本の改善には至らないと説明しています。

つまり、薬によってかゆみを抑えられても再発するか、

その他の症状に移行するということになります。

 

 

これは、免疫細胞がその様な異常な状態になってしまう「何か」があるからです。

そこには「その人の精神」が深く関わってきます。

過去に原因となるキッカケがあり、そこで強い情動にかられ、代償に強いストレスを生み出してしまいます。

その時に、アトピーの様な症状が発生します。

 

また、ご自身の体験のみならず、胎児の時点でも母親のストレスから引き起こされる可能性もありますし、遺伝子情報(先代の生活環境ストレスとしての記録)からも引き起こされている可能性があります。

これらを、ご自身の精神に変えて同じことを繰り返しているのです。

 

 

「波動測定&キネシオロジーフルセッション改善+波動水」では、

その何かを追求し、深く理解して改善をしていきます。

波動測定ページに戻る
トップに戻る